グリーンコーヒー「ミラクルスリム」・SupraCleanse350は送りつけ詐欺!

スポンサーリンク

以前にもここで書いた、ニュートラサイエンススリム ドリーム、というダイエットサプリメントの送りつけ詐欺商法ですが、更に新しい商品が登場したようです。

グリーンコーヒー「ミラクルスリム」と「コロンクレンザーDX」というダイエットサプリメント。

会社名とかは違いますが、手口が全く一緒。

こんな情報サイトっぽいものにフェイスブックの広告でグリーンコーヒー「ミラクルスリム」と「コロンクレンザーDX」のサイトに誘導しています。

140508

更にひどくなっています。歌手の浜崎あゆみさんやタレントのローラさんの写真を勝手に使って、いかにも彼女達がこの商品でやせたみたいに書いています。やりたい放題です。

リンクもすべてにせもので、左側にあるソーシャルボタンも、右側にあるグリーンコーヒー「ミラクルスリム」と「コロンクレンザーDX」を紹介した番組などと言っているyoutubeのリンクも、右上にある広告バナーでさえ、すべてこのページにリンクが貼られています。

まずは無料サンプルで申し込むと、勝手に定期購入になり、やめるまでずっと商品が送りつけられてきてお金も引き落とされてしまいます。

一応サイトには利用規約内に書かれてはいますが、サイトを見た限りではサンプルだけがおくらてくると思ってしまいます。もちろん規約を呼んで、サンプル以降勝手に商品が自動的に送られてきてよいと納得する方にとっては詐欺ではありませんが、これに納得する人はいないはずです。

すでに多くの被害者がでているようで、こちらの口コミサイトでみなさんが情報交換をしています。
http://www.diet-cafe.jp/2013/04/post-3020.html

ぜひ、購入をお考えの方はこちらを読んでから決めて欲しいです。

そもそも、こういった詐欺サイトはこれからもなくならないでしょうし、スマホの普及で今後は被害はもっと増えるだろうと思います。PCよりも情報量が少ない・見えづらいスマホサイトは特に慎重にならなくてはいけません。

ネット・スマホでお買い物は便利ですし、お店では手に入れられない商品や、お値段もお安い場合もあり私もよく利用しますが、購入にはこんな点を気をつけておくとダマされることはなくなると思います。

詐欺のネットショッピングにだまされない7箇条

1)商品はなるべく信頼できるサイトで購入する

楽天やamazonなど、商品が送られてこなかったり、その商品がニセモノであれば何らかの保証がうけられるようなサイトであれば問題ありませんよね。

2)広告からはなるべく購入しない

今回の送りつけ詐欺のサイトは、フェイスブックの広告が中心です。フェイスブック自体は多くの人が利用し、信頼できるサイトですが、信頼できるサイトに掲載されているからといって信頼できるショッピングサイトとは限りません。

3)気になる商品は絶対検索してから購入

どうしても気になる商品があれば、その商品名や会社名で検索して、詐欺ではないか、評判はどうかなどを調べましょう。少しの手間で大きな損失が防げます。

4)サイトの「特定商取引法表示」というリンクを確認しましょう

日本のネットショッピングサイトは、特定商取引法という法律で、そのサイトの運営者情報を必ず掲載するよう義務付けられています。
まずその掲載がないサイトからは購入しない、ということは重要ですが、そこにウソの情報を書いている場合も多いのです。
特に、中国発信のブランドのニセモノサイトや、全く商品も送らない詐欺サイトなどは、きちん「特定商取引法表示」のページがあります。
ところが、その内容はデタラメで、住所は全く関係のない住所だったりします。だた、メールアドレスは本物の場合があり、大抵がフリーアドレスが多いです。ネットショップサイトでフリーアドレスを連絡先にしている自体おかしいので、まずフリーアドレスが連絡先の場合は疑ってもよいでしょう。

5)銀行振込のみのサイトからの購入は危険

多くの中国系の詐欺サイトは、購入は事前の銀行振込だけというパターンが多いです。日本のカード決済会社がそのような詐欺サイトを利用させる訳がありませんからです。

振込先の口座自体は日本の大手都銀などですが、相手が中国人の名前が多いようですので、そのような場合絶対に振り込まないようにしましょう。(おそらく中国人留学生から口座を購入しているのだと考えられます)

ただ、今回の「ミラクルスリム」と「コロンクレンザーDX」は完全な詐欺ではなく、商品は送ってはくるのでカード会社としても利用させているのでしょう。

6)カードを利用する場合は解約しても他に支障のないカードを利用する

おそらく多くの方が何枚かカードを持っているはずです。もし、このサイト大丈夫かしら、、、と思うようなサイトでも購入を希望されるなら、万が一の場合、カード自体を解約して支払いをストップするということも考えて、普段あまり利用していないカードを利用するとすぐに解約してしまえます。
口コミサイトの多くの方も、返金処理と同時進行でカードの解約をしている方が多く、これ以上なにかにカードを利用されることを防止されています。公共料金や携帯の支払いにカードを利用してる方も多いと思います。それらを変更するのも大変な作業ですので、できれば避けたいですよね。

7)海外のサイトはPayPalが安心

海外のサイトは特に慎重にならなくてはいけません。日本語で作られているページでも、海外に拠点がある場合もあります。そんな場合、日本の法律は届きませんし、何かあっても泣き寝入りするしかできません。
でも、海外でもどうしても欲しい商品がある場合、1)で書いたようなamazonなど大手サイト以外であれば、そのサイトのカード決済が、PayPal(ペイパル)という決済会社を利用していると安心です。

そのサイトが安心だというよりも、PayPalでは商品が届かない、違う商品が届いたなどのトラブルがあった場合、買い手保護のプログラムがあり、一定条件を満たせばお金がかえってくる仕組みになっています。https://www.paypal.jp/jp/contents/support/faq/faq-061/

また、カード情報自体PayPalに提供されるだけでは売り手側にはいきませんので安心です

ただ、今回の送りつけ詐欺の場合、もしPayPalであっても商品はおくられてくるので保証されないとおもわれます。(ここまで返金があればアカウントとPayPalはまともな会社ではないと判断してアカウントを閉じてしまう可能性はありますが・・・)

 

以上、詐欺のネットショップにダマされない為の7箇条でした。

みなさん、お気をつけください!

 


タグ

このページの先頭へ