プラセンタが偏頭痛に効く理由

スポンサーリンク

GW076_L

私は筋金入りの頭痛持ちで、10代のころから頭痛に悩まされています。

ズキズキ痛み、時には吐き気までおそってくる頭痛。特に週末はひどく、お友達と週末の約束を何度反故にしたことか・・・

昔はこれは偏頭痛だとは知らずに、市販のバファリン、セデスなどでなんとかごまかしていました。

自分なりにありとあらゆることは試してみました。

整体、マッサージ、ヨガ、枕、サプリ、水泳、お灸、ハリ・・・・ 頭痛のためにいくらつかったかわかりません。

最近になって、この頭痛が偏頭痛とわかりその特効薬であるトリプタン系のお薬がでてからは、薬を飲めば収まることも多くなり、週末にずっと寝こむということは少なくはなりました。

ただ、やはりお薬は対処療法でしかなく、根本的に改善されたわけではなく、いつも「この薬が効かなくなったらどうしよう・・・」という恐怖がありました。

ただ、今も頭痛はやってきますが、明らかに以前よりは回数が減っているのです。1年前くらいのこちらのブログでも書きましたが、あの時よりもさらにマシになっている感じです。

プラセンタのみ始めた、ということ以外には何も生活は変わっておらず、以前よりも運動はむしろ減ってて不健康な生活状態にもかかわらず、回数は明らかに減っているのです。

美容目的で始めたプラセンタですが、一番の悩みだった頭痛が解消されているかもしれないということは一番の嬉しい誤算でした。

では、なぜプラセンタで頭痛がよくなったのでしょうか?

偏頭痛の根本的な原因はわかってはいませんが、三叉神経が関係説と血管説があると言われています。

三叉神経は痛み物質が血管を刺激し炎症が起き痛みがおきる。そして血管はセロトニンというい物質が血管を拡張させて炎症がおきて痛みがおきるという説があるようです。

しかし、いずれも何らかの原因と言われていて、その何らかの原因が明らかにはなっていないのです。

偏頭痛を誘発する行為として知られているのが、天候・気温の変化、人混み、睡眠過多・不足、ストレス、疲れ、アルコール、、などが挙げられますが、普通の人がそれらの行為をおこなっても偏頭痛が起こらないのであればそれらは単なる誘引であって、原因ではないのです。

これはあくまでも私の仮説ですが、偏頭痛は自律神経の乱れが関係しているのではないかと思います。

おそらく、ですが、私を含めて偏頭痛持ちの人は、自立神経が正しく機能していないのかもしれません。

そしてプラセンタが自律神経を正しい方向に導くことによって、偏頭痛を引き起こす何らかの原因が減ってくるのではないかと私は思っています。

これはあくまでも私の考えですし、プラセンタの効果は未知数ですが、実際1年半以上飲み続けて感じている感想です。

肌は綺麗になるし、一番の悩みだった偏頭痛まで改善されちゃあ、もうプラセンタ、やめられませんよ。


タグ

このページの先頭へ