ソフィル-eの口コミ リファも持ってるので比較してみた

スポンサーリンク

ソフィル-eという美顔器ご存知ですか?

テレビCMもしてないし、百貨店やロフト、ハンズなんかにも売っていないですが、おそらくこの形、どっかで見たことあるのではないでしょうか?

 

持ち手が木のコロコロ美顔器です。

コロコロ美顔器と言えば、テレビCMでも一時期宣伝しているリファが有名ですが、このソフィル-e、テレビドラマでしょっちゅう目にするんです。

今期のドラマで、深キョンとディーンフジオカさんのダメな私に恋してくださいというドラマでも、深キョンが一時期同居していたお友達の女性がさり気なく、このソフィル-eを自宅でコロコロしている場面がちょこっとありました。

米倉涼子さんのドクターXでも、米倉涼子さん演じる大門未知子が病院の医局?で、自分のデスクでコロコロしている場面が何度もありましたし、他にもいろんなドラマでさり気なくなく、主人公の部屋においてあったり、つかっている風景をみたことがある人もすくなくないとおもいます。

雑誌でもよく目にするんですが、いかんせんこの商品、サロン専売商品で、一般的には一部のネットショップでしか取扱がないので、市場で目にすること、すごく少ないと思います。(サロン専売商品とは、エステサロンなどで、行われる直接販売で、一般の流通に乗らない販売方法です。)

そんなソフィル-eですが、私、買っちゃったんです。
リファももってるのですが・・・

ちょっと前なんですが、体のメンテで通っているサロンさんで、新しいソフィル-eがでたということで、キャンペーンしていて、ちょっとお安くなってて、前々から気になっていて欲しかったので、お高かったですが思い切って買っちゃったんですよ。

私が買ったのは、その時でた新商品で、先ほどご紹介した今までのタイプよりも持ち手が長いタイプで、大きな石がついていないので、若干前のタイプのものよりお安かったです。

DSC_2122

実は、私リファももっていたので、すご~く迷ったのですが、サロンのお姉さんもリファももってて、こっちのが全然いいから私は今はこっち使ってます、というセールストークにまんんまとのせられて、買っちゃっいました。

リファは自宅でつかっていて、ソフィル-eは会社でつかっています。

本物の証としてシリアルナンバーが刻印されています。(黄色く隠している部分)

 

dsc_2124

このピンクのボール部分はローズクオーツという天然の石が使われていて、磁気もあるんです。

DSC_2125

こんな感じで、クリップをつけるとくっつきます。

オシリのほうには、小さいローズクオーツがついてて、これでツボ押しもできちゃうんです。もちろんこれにも磁気があります。

DSC_2126

ソフィル-e、顔にももちろん使えますが、私の買った持ち手が長いタイプなら、無理なく背中、肩甲骨辺りまでマッサージできるので、ずーっとパソコンに向かってガチガチの背中が和らぎます。

磁気がはいっているので、仕事中、これを肩にのせながら仕事することもあります。これをのせていると、なんだか血行がよくなる感じで、明らか楽です。

 

このページの目次

リファとの比較

リファはこのタイプを持っています。



これもいいものです。押す力、挟む力はソフィル-eよりも強くできます。効いてる~って感じもすごくあります。

並べて比較してみます

DSC_2652

DSC_2655

コロコロの大きさはリファの方が大きいし、間が狭いのでので、少しの力でぐいっとつかむことができます。

どちらかと言うと、リファのほうは顔より体に向いていると思います。
というのも、私のはリファカラットですが、顔専用のリファカラットフェイスなる、顔専用のリファも発売されているようです。
リファカラットはコロコロの部分が大きいので、顎の部分は非常によい感じで掴んでくれるのですが、顔だと頬をぐっと上げるくらいはできますが、少し大きすぎるなあ、という感じもしていました。

 

コロコロの間隔を比較してみましょう。

DSC_2653

ソフィル-eは指を入れてもまだ余裕があります。

DSC_2654

この通りリファはちょっと間隔が狭く、時々肉がガッチリ挟まってしまい痛いことがあります。肉の柔らかいところは気をつける必要があるので、その点はマイナスです。

ソフィルeは顔も体も万能ですが、少しつかむ力はリファより弱いです。
一方、リファはつかむ力は強いですが、顔にはちょっと不向き(顔専用のリファは使ったことがないのでわかりません)かもしれません。

リファの良い所は、お風呂でも使えるところでしょうね。
ソフィルeは残念ながら持ちても木ですし、防水ではなさそうです。

値段はリファのほうがお安いですし、どっちも甲乙つけがたい商品ですね~。




タグ

このページの先頭へ