パーリーデュー 白髪リタッチファンデーション買いました

スポンサーリンク

01

白髪、嫌ですよね。

私はサロンで染めているのですが、1週間も経たないうちに、生え際が白くなってきて生活感たっぷり。

かといって、その都度サロンで染める訳にもいかず、自宅でなんとか10日間に一回くらいのペースで自分でリタッチしています。

そのリタッチは、ヘアボーテシーエッセンスカラーフォームという、QVCで購入した泡のタイプの白髪染めをつかっているのですが、それでも数日たつと白いものがでてきて、どんよりします。

そんなに頻繁に染めるのも髪にもよくないですが、やっぱりすごく気になります。

そこで、使うのはマニュキュアみたいな白髪隠しです。

でも、それも汗をかく季節は色落ちして、ハンカチが大変なことになったりするんで、あまり使えません。

 

ところが、先日ショップチャンネルをみていると、パーリーデュー 白髪リタッチ 若美髪トリートメント ファンデーションという、刷毛で塗るタイプの白髪隠しを紹介していて、「これいいのでは?」と思い、思わず買っちゃいました。

というのも、水に強く汗をかいても大丈夫だということ。これからの暑い時期、どうしようかと思っていたところだったので、ちょうどいいわとおもったのです。

しかも、トリートメントタイプのように徐々に染まるようなものではなく、サロンでの毛染めにも影響を与えないと説明されていたのです。

というのも、サロンで毛染めをしている場合、トリートメントタイプの毛染めは危険なのです。まずは、トリートメントタイプの毛染めをしていると、普通の毛染めでは染まりにくくなるということ。また、トリートメントタイプの成分が、普通の毛染めの成分に反応して、緑色っぽく染まってしまうことがあるです。

そんなだったので、普通の毛染めに影響を与えない白髪隠しをさがしていたところ、ショップチャンネルで、このパーリーデュー 白髪リタッチ 若美髪トリートメント ファンデーションが紹介されていたので、興味をもった訳でs.

パーリーデュー 白髪リタッチ 若美髪トリートメント ファンデーション使ってみた

最初手にとって驚いたのは、小さいことです。

 

手の平にすっぽりと乗ります。

内容量はたったの10gですって。これ、ちょっと少ないですよね。

03

こんな感じで、刷毛で塗るタイプです。

04

フタをあけてみると、すごくしたの方だけ中身がありました。上げ底ならぬ、下げ底ww

この時点で、「買って損したかも・・・?でも、もう開けちゃったし、返品できないよな~。仕方ない使ってみるか」とおもっていました。

05

塗る前はこんな感じで、びっしり生え際に白髪が密集。悲しい光景です。これで、サロンで染めて2週間弱です。

06

刷毛でぬります。刷毛もすごく小さくて、ちょっともちにくいのですが、刷毛自体は結構塗りやすい形状でキレイに塗れました。小さいが故に、細かいところにまで毛が届くみたいで、力もそれほどはいりにくく、毛にちゃんと黒いファンデーションが乗りました。

このパーリーデュー 白髪リタッチ 若美髪トリートメント ファンデーションは、ファンデーションの素材に黒い色がはいっているような白髪隠しですので、肌についても問題のない成分でできているので、たとえついたとしても安心です。

ですが、ファンデーションタイプですので、液体タイプのマニュキュアのような形状のものと違って、べったりと着くことはないので、肌にもつきにくかったです。

07

塗り終わりました。

かなり、キワキワまで塗れましたが、肌には全然つきませんでした。

これ、いいかもしれませんね~。

大変気に入りました。

今回、ショップチャンネルで2個セットでその日限定でお安くなっていて、5000円弱でしたが、通常はひとつ4200円(税込み)だそうです。(10gでその値段、、定価ではちょっと高すぎだな~)

量はすごく少ないですが、良い白髪隠しです。

こちらが私が普段リタッチに使っている、泡で混ぜる必要のない簡単白髪染めです。
トリートメントタイプじゃないので、サロンでの白髪染めに影響しません。


タグ

このページの先頭へ