爪・甘皮を剥く癖、皮膚むしり症を克服中!Vol.3 卒業編

スポンサーリンク

爪・甘皮を剥く癖、皮膚むしり症&陥没爪改善しようと、サロンに通い始めて5ヶ月経ちました。

そして、やっと卒業を迎えました。

卒業するまで6回通いました。

春の終わり、初夏になりかけの時期に通いはじめて、秋までかかりました。4ヶ月で爪が生え変わったようです。

そして、これが以前の写真。サロンでビフォーの写真を取ってくれていて、最後に印刷したものをくれました。

cimg3770

写真は反対になっているので、左の手前側の手が右で、奥が左手です。

まあ、驚くくらい酷い爪ですね。自分でとった写真はまだマシな感じです。

 

DSC_2345

DSC_2345

右手の爪は状態もひどく、サロンの写真で見たらよく分かるように、形も変形していました。これは、私が右手の人差指でいつもささくれをチギリまくっていたせいですね。

DSC_2346

DSC_2346

左もボコッと大きな凹みがあります。

そして、これが卒業後の写真です。

cimg3758

右手の親指です。

なんということでしょう、全く普通の人の爪に戻ることができました。

cimg3757

左もほんと、きれいに普通の爪に戻れました。

若干光っているのは、最後の時にサロンで爪を磨いてもらったから光っているのです。

cimg3773

cimg3775

写真と比較すると、他の人の爪のようです。

サロンでやってもらえるのは、スカルプチュアというネイルで変形した場所を足してもらい、その上からジェルネイルをしてもらうだけです。

でも、こうやって施術をしてもらっていると、自ずと甘皮をむしらないように自制心が働くようになりました。
もちろん、ジェルネイルをしているので、甘皮を剥きにくくなるという物理的な抑制もかかります。

そして、保湿、それが一番重要でした。

サロンの方からは、最初にネイルオイルとハンドクリームのセットを購入させられました。

どちらも持ってはいましたが、つけたりつけなかったりといい加減でしたので、改めて保湿が重要だということを強く説明されて、毎日気がついたらオイルとハンドクリームを塗る生活をするようになりました。

そうなると、甘皮部分も乾燥しませんので、ささくれも出にくくなり、むしりグセも出にくくなりました。
保湿をきちんとしていると、ジェルネイルの持ちもよいのです。

一緒に保湿に励んでいたお陰で、他の爪もきれいになりました。

cimg3750

cimg3768

以前は爪がペラペラで弱く伸ばせなかったのですが、今は爪を伸ばしても折れたりしないようになりました。

ほんと、思い切って矯正サロンに通ってよかったです。

これからはこの綺麗な爪を維持できるように、爪の保湿頑張っていこうと思います。

爪・甘皮を剥く癖、皮膚むしり症を克服中!Vol.1はこちら>>

爪・甘皮を剥く癖、皮膚むしり症を克服中!Vol.2はこちら>>

保湿も重要ですが、爪自体をつよくしてくれるツメリッチリペアもおすすめです
こちらで「ツメリッチリペアのクチコミ」レポもやってます!


タグ

このページの先頭へ