コラーゲンを食べても翌日お肌はプルプルになりません。-カスペ。間違いだらけの健康ジョーシキ

スポンサーリンク

コラーゲンを食べたらなんだか翌日ツルツルしたような気になる・・・
だって、お肌のハリはコラーゲンなんだもん!

コラーゲン食べても翌日プルプルにはなりません!

以前から、本やネットで、口から摂取するコラーゲンは直接肌に浸透するような大きさのものではなく、結局アミノ酸であって、それが他の栄養素と一緒になってお肌の若々しさを維持する役にたつかもしれない。ということはしっていたけど、昨日やっていた、「カスペ。間違いだらけの健康ジョーシキ」というテレbいでは、実際にコラーゲンをたべて、食べる前、そしてその翌日にお肌のコラーゲン量を計測していました。

韓国料理屋さんでサムゲタンをたべたタレントさんたちが、実際にカメラの前ですっぴんになって、計測。

結果、ほとんど変化なし。

DSC_0270

でも、タエントさんたちは、翌日なんだかおはだプリプリ!とかいっているんですよね~。

その番組に出ているお医者さんが言うには、コラーゲンのおおい食事=外食は、塩分が多く、翌日むくんでいるから、お肌がつるつるになった気になっているだけなんだと・・・

え~~~~~~~~~むくんでいるだけ??

なんだか、コラーゲン摂るのが馬鹿らしくなる内容でした。

でも、コラーゲンは必要量と一緒にビタミンCととるとお肌によいらしく、それも毎日ではなく、1周間おきにとると効果があるということで、これも双子のタレント酸で実験をしていました。

結果はそのとおりで、コラーゲンを毎日4週間とっていた人と、1周間置きにとっていた人では全然結果がちがっていたんです。

でも、それじゃあ、今私が摂っているプラセンタはどうなんだろうか・・と疑問が浮かびました。

たしかに、コラーゲンみたいにお肌にプラセンタが含まれているわけではないので、直接作用するような話ではないとは思うのですが、なんで効果があるのかは未だによくはわかっていないようです。でも、実際、私はその効果を実感していて、ドリンクを飲んだ翌日にツルツルになったり、元気がでたり、PMSが軽くなったりしています。

プラセンタにはプラセンタには10数種のアミノ酸をはじめ核酸様物質や各種ビタミン類、ミネラル、酵素、ムコ多糖類などの栄養素が豊富にふくまれているそうです。でも、それではなんで効果があるのかイマイチわかりません。

でも、以前からこちらにも書いていますが、プラセンタは自分がもっているポテンシャルを元に戻す効果があるんだと私は思います。

だれだって、若いころ、赤ちゃんの頃はお肌ツルツルで、元気だったはずです。そんな自分に戻れる(赤ちゃんは言い過ぎかもしれませんが)、今より何若返ることができる、元の健康な身体に近づく、それがプラセンタなんでしょうね。若いころのように血行がよくなり、新陳代謝も早くなる、だからお肌もツルツルになるんです。

話はテレビの実験のコラーゲンに戻りますが、なんで1周間置きにコラーゲンを摂取しているほうが効果があるのかというのは、お医者さん曰く、恋愛と一緒で、人間の身体はコラーゲンを毎日とっていると、その栄養のありがたみが普通になってしまい怠けてしまうんだそうです。
だから1周間おきに栄養をあたえて、刺激してやるほうがいいんですって。

あら、じゃあ、プラセンタもそうしたほうがいいのかしら??

ちょっと、1周間置き作戦、やってみようかしら・・・・


タグ

このページの先頭へ