はなまるで紹介の「ケトジェニックダイエット」のリスク ~ケトン臭etc

スポンサーリンク

HT023_L

今年3月で終了しちゃうはなまるマーケットで紹介されていた「ケトジェニックダイエット」、最新のダイエット方法として紹介されていましたが、これって糖質オフダイエットとか、低炭水化物ダイエットとかと何が違うのかいまいちよくわかりませんでした。

要は、一日の糖質の量を100g程度と極端におさえて、後はスキなもの食べていいよということ。でも、タンパク質は300gと言われていましたので、そんなに多くはないですよね。野菜はいくらでもいいそうです。

そもそも、ケトジェニックのケトとは、ケトン体のことを指しています。
身体の燃焼はまずは糖質から行われ、その次に脂肪が燃焼するため、糖質の摂取を抑えて脂肪エネルギーを使うようにするのが目的えで、その際、脂肪酸から分解してケトン体がエネルギーと使われれのです。そのケトン体のケトなんですね。

だからケトジェニック、みたいです。

おお~~!!じゃ、ケトン体じゃんじゃん出して痩せたい!!
と思ったあなた、ダイエットによくあるリスク考えてみましたか?

身体に危険が及ぶかもしれない。

まず、炭水化物はなぜ身体に必要なのかよく考えてみるべきです。
「糖質制限で、頭痛や末梢神経障害になる。心臓病、脳卒中になる。骨粗鬆症になる。死亡率が上昇する。認知症になる。うつ病になる」、とこちらの本では書かれています。

炭水化物減らすと脳に栄養素が十分に行かなくなる可能性があります。
脳の唯一の栄養は糖分=ブドウ糖なのです。それが不足するとどういうことになるのか容易に想像がつくはずです。糖尿病患者さんがお医者さんの指導の元、糖質制限を行うのはいいですが、素人が痩せるためだけに行う糖質制限は危険だと思います。

短期間行うなら良いかもしれませんが、長期的に炭水化物を極端に減らすのは危険です。健康で長生きしたいなら、これは危険な方法です。

ケトン臭で口臭や体臭がでるかもしれない。

以前、とある施設でファスティングダイエットをしたことがあり、毎日ケトン体がでたかどうだかを調べられていました。ケトン体が排出されていると脂肪が燃焼されてるんだよ~とその時教えられましたが、すごく気になることがありました。それは臭い。

よく言われる「ダイット臭」はケトン体が原因です。
ケトン体は尿から排出されますが、揮発性が高く、口臭にもなってしますそうです。「飢餓臭」と言われ、甘酸っぱい臭いで、腐ったバナナとかリンゴ臭いのようだそうです。

そこの施設に行ったときに感じたのですが、部屋が独特な変な臭いがしたのです。一応ホテルの部屋なのに、おっきな普通の消臭剤が置かれていたんです。普通、そこはアロマとかでしょ!?つっこみながら、施設が古いから臭いの?とその時は思ったのですが、今考えると、宿泊している人たちが発するケトン臭が部屋に染み付いているから臭いがあったのだと思います。

最初はすごくいやで夜もねられませんでしたが、何日が経つと臭いは気にならなくなりました。その時は単純に臭いにも慣れちゃったんだ、と思ったのですが、わたしもその時ケトン臭をだしていたから気にならなくなったのでしょうね・・・。 ぞっとします。

そんな臭いを出しながらダイエットしたいですか?

究極のダイエットとは

糖質を控えることは、現代社会で糖質を取り過ぎている私達にとって悪いことではありません。
食事が丼ものだけ、パンだけ、ラーメンだけ、な食生活は糖質取り過ぎているはずです。
お菓子、ケーキ、ジュース、にもたっぷり糖質が含まれているので、おやつの食べ過ぎも糖質とりすぎです。
それらを抑え、適度な運動と、和食を中心とした健康的な食生活を行えば、極端に糖質を減らすことはなく自然に増えすぎた体重は減るはずです。

ダイエットに近道はないんですよ。結局ね。


タグ

このページの先頭へ