風邪/インフルエンザウィルスH1N1型対策にプラセンタがよい訳

スポンサーリンク

HP175_L

寒さも深まり、これから風邪の季節ですよね。風邪だけでなく、インフルエンザも流行するから油断はできません。今日のニュースでは、タミフルなどの特効薬に耐性ができているインフルエンザウィルスH1N1型に感染した人もみつかっているそうで、そうなると太刀打ちできませんよね。

そもそも、インフルエンザには特効薬があるので飲めば治るのですが、(もちろん数日はしんどいし、人にうつす可能性があるので外出等はだめだよね)、風邪には特効薬というものはなく、風邪薬は風邪の諸症状を緩和するだけのものなんですよね。

だからこそ、免疫力と体力を高めて、風邪やインフルエンザウィルスが入ってこれない身体になっておく必要があるんです。

そのためには、栄養と睡眠はもちろんですが、プラセンタで免疫力を高めておけば、さらに効果的なのです。

プラセンタって、美容のために飲んでいること多いですが、その効果は美容にとどまらず、私達の健康に役立つものなんですよ。

プラセンタの原料である胎盤は、単なる栄養だけでなく赤ちゃんが成長するために必要な成長因子を活性化させる役割を持っていると言われています。プラセンタには自然免疫のNK細胞を安定化させ、免疫物質であるサイトカインの生産を高めると言われています。

なので、プラセンタを摂ると免疫力が高まり、風邪やインフルエンザにかかりにくくなると考えられるわけです。

難しいことはともかく、肌もキレイになって、健康でいられるんなら、ぜひプラセンタ、この冬に取り入れたいですよね。

わたしが飲んでコレいいわ!というプラセンタはこちらで紹介していますのでぜひみてください>>


タグ

このページの先頭へ